投票用紙に字を書くための

バリアフリー対策は始まっています。

スベラナイトを記載台に置くだけで、紙がスベラナイ。紙を手で押さえなくても 片手で文字が書ける。
スベラナイトを記載台に置くだけで、紙がスベラナイ。紙を手で押さえなくても 片手で文字が書ける。

201641日に障害者差別解消法が施行されました。

 

手の不自由な方が字を書くための合理的配慮の提供にスベラナイトが選ばれています。

手の不自由な方や高齢者だけでなく、全ての人は紙が滑ると字が書きにくいです。

誰もが候補者名を書きやすいサポート対策はされていますか。

 

スベラナイトを最初にいいと認めてくださったのは、手に障害がある脳卒中友の会 あけぼの会の皆様です。

「スベラナイトのおかげで文鎮がいらなくなった」とおっしゃってくださりました。

 

次々と採用されています

20163月に、札幌市選挙管理委員会事務局から、問い合わせがありました。

投票用紙が滑らずに高齢者の方が書きやすいものを探しており、「スベラナイト」が利用できないかというものでした。

それ以来多くの選挙で、投票場で使用されています。

 

  • 各投票所で12枚  
  • 現行予算内で購入
  • 車いす用記載台から購入
  • 期日前投票場
  • 選挙人数の多い投票所
  • 全ての記載台に

 

  など 予算に応じて購入されています。

 

 

ご採用いただいた選挙管理委員会様の声

☑「ありがとうと」と言ってくださり、良かった。

☑本当に滑らないのでびっくりしました。

☑文鎮より使いやすくいいです。

☑文鎮は落とすと危険なので、購入しました。

☑筆圧が弱くても、強くても滑らずに書けた。

☑やさしい投票所作りにぴったりです。

☑投票所ごとにクリアファイルに入れる予定です。

☑薄いので、積み重ねて保管できるのがいいですね。

☑予算を見ながら取り揃えていきたい。

☑必要な数だけ注文できたのがよかった。

☑市の指定業者からも、購入できた。(金額は変わる可能性があります。) 

☑支払いが後払いなので、購入しやすい。

 

 


特別価格

選挙市場では、A4サイズ(20㎝×29㎝)が使用されています。

通常、2枚入り1500円(消費税抜き・送料別途)で販売しておりますが、自治体様によって必要枚数が異なります。

また、備品で購入を考えられたり、消耗品の金額で考えられたり予算の都合、経理上の都合など色々な制約をお聞きしております。

購入しやすいようにご提案いたします。

お考えになっている枚数を教えていただけましたら、お見積りいたします。

 

 

 

お問い合わせ

メモ: * は入力必須項目です


メディアへの掲載

毎日新聞 夕刊 2019.7.12

読売新聞 2016,7,9

神戸新聞 2016,6,17